児童発達支援サービス紹介 Service

  • HOME
  • 児童発達支援サービス紹介

発達障害について

他の子どもさんと少しだけ同じ動きができない、少しだけじっとしていられない。
他のお子さんと一緒に遊べなかったり、ひとつのことにこだわりが強かったり。
そのようなことでお悩みではありませんか。

一般的にはそのような方を「発達障害」と呼びます。
それは決してその子の努力が足らないわけでもなく、ましてや育て方が悪いわけではありません。
そのような特徴、個性なのです。
その特徴に寄り添って付き合い方を学ぶことで、より生活しやすいようにサポートすることを目指します。

発達障害は下記のように分類され、全人口の7.9%存在するとされています。
ちなみに日本で約1000万人存在すると言われています。

※文科省の調査(2012 発達障害の可能性がある児童生徒の調査)

一般的な発達障害の定義

一般的な発達障害の定義

自閉症スペクトラム障害 他者との交流が苦手
注意欠如/多動性障害 集中力が続かない/じっとしていられない
局所性学習障害 簡単な計算が苦手/文章を読むことが苦手

こども発達支援スマイルウェルで行う療育について

対象:発達障害あるいは発達障害の疑いのある小学校入学前までのお子さま
作業療法士・保育士・幼稚園教諭・児童指導員などの専門職のチームで支援します!
子どもたち一人一人の特徴や成長の度合いに応じたプログラムを立案します。
そして、療育ごとに保護者様と振返りを行い、お子さまの成長をともに確かめながら生活のしづらさを解消することを目指します。

個別療育
保護者様にご理解いただくために、『見守っていただきながら』個別療育を行います。
専門職の多視点からオーダーメイドの療育を提供します。

個別療育

振り返り
保護者様と療育者は振り返りの時間を持ち、お子さまの成長を共有します。
生活での気づきや困りごとを共有しながら、療育を通じその子らしい輝きを見つけます。

振り返り

開所日、療育時間について

火曜日から土曜日、祝日も開所します。
1日5コマを設定、そのうち1コマをお選びいただきます。
ご利用時間は療育時間30分+振り返り15分、合わせて45分です。
トータル所要時間は上記に加え、準備+片付けで15分弱、1時間弱になります。

開所日、療育時間

開所日
療育時間

ご利用方法について

1.お問い合わせ・初回相談予約

お電話もしくはお問い合わせフォームからお問い合わせください。


お問い合わせフォーム

2.初回相談

ご予約いただいた日時にお子さまと教室までお越しください。
お子さまの様子を見ながら、お子さまについて心配なこと、困っていることなどを伺います。
また、その際にスマイルウェルの療育の考え方について、『通所受給者証』について説明差し上げます。

3.契約・発達評価(アセスメント)

スマイルウェルを気に入っていただけたら、療育を実施する時間を調整し、利用契約締結に進みます。
利用には通所受給者証が必要です。お持ちでない方は市町村へ発行申請をしていただく必要がありますが、
申請の方法などご不明点はお問い合わせいただければ対応いたします。
利用契約締結と同時に、お子さまの行動を観察、アセスメントし、個別支援計画を作成します。

4.療育の開始

個別支援計画に基づき一人ひとりに合わせたプログラムを作成し、療育を開始します。
基本、毎週同じ曜日、時間に療育を実施しますが、ご都合が悪い際などは相談いただければ可能な限り振替日を設定いたします。

料金について

1回 約1,500円です。
※利用料金は厚生労働省によって定められた内容に従っています。
なお、下表のように世帯収入により、負担上限金額が設けられています。

世帯所得 負担上限金額(月額)
住民税非課税世帯 0円
約890万円まで 4,600円
約890万円以上 37,200円

※3歳になった後の最初の4月以降から小学校入学前の3月まで、自己負担は免除されます。
※他にも自己負担の免除制度があるのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

児童福祉に、また児童発達支援サービスにご興味のある方、
ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。